bo-biroku

ついぞ 忘れてしまう昨日食べたごはんだったりして ( ;_;)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

堀口ケイ オルゴール

堀口ケイ先生の作品シリーズ 第5弾 はこれ

15年ほど前 他にもケイ先生の作品をいただいていた頃
桐生の「オルゴールと人形のお店」で個展があり

その時に「先生の作品って木板に描いているんなら 木のオルゴールに描いてもらったら素敵かも」みたいな話からお願いした




その頃好きだった動物で 先生も干支のシリーズの中にあったものをアレンジして描いてくれた




それほど大きなオルゴールではないが お気に入りの一つです




曲は「アンチェインドメロディ」

映画「ゴースト ニューヨークの灯り」の曲です

あの頃のデミ・ムーア 可愛かったのにね  (・・おっと脱線)




made in Switzland 「REUGE MUSIC」




オルゴールって メカを見ていても 心癒されます




子どもが小さな頃 これを聴きながら寝ついていたなぁ・・・


スポンサーサイト
  1. 2013/08/30(金) 23:00:13|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牛伏山 展望台

家の南の窓から正面に見える山

吉井町を代表する(と思われる)牛伏山

今の家に越してきて 子ども達が学校に行くようになると
なんだか この山がクローズアップしてきた

過去に 長女 二女を連れて数回訪れているが 天気もいいので久しぶりに来てみた




吉井町内からはもちろん 藤岡方面 富岡方面からも 山上に FMの中継局とともに

白い建物が見える

これお城 展望台です

25年程経っているのだろうか 近年またキレイに化粧したようである

青い空に映えてキレイです




お城の外に この山の言われ このお城風の建物の言われなども記されている
お城はこの近くにあったものと思われるが このような天守閣があったことは全くな

かったと思う・・・

周辺は「牛伏山自然公園」となっている

牛伏山は ホントに 牛が伏せているように見える

また古い歌謡曲「青い山脈」の歌碑があります
モデルにもなったのかなと思うと そうではなく作曲家服部良一氏が近くに来た時に「

青い山脈」を口ずさんだ というだけ

そして この建物は
1階 地元特産品の紹介・展示・即売(さすがに即売はしていない)
2階 吉井町の歴史・文化・観光資料展示
3階 東西南北を見渡す展望台




けっこういい門をくぐって
・・昔からあったのか最近増設したのか ちょっといい感じは昔はしなかったような・・




中に入ると 吉井の紹介よりも群馬の観光ポスターが目立つ

「すごっ。」「ぶらっ。」




「うまっ。」

昨年のググっと群馬観光キャンペーンのポスターですが・・

いいところだよ GUNMA!




地元の特産物や 地元の会社で製造している製品が並んでいる
なかなか ばーん!と目を引くものは少ないね




吉井の街中の企業やお店を表示する地図がある




2階に上がると 吉井の歴史コーナー
町の中心には吉井藩の陣屋があった
今 産業文化会館(古い!)や体育館 公民館 図書館がある

吉井って昔からそこそこの町だったので 箱モノが昔からあって
今では他の市町村に比べるとボロボロ

全部どこかに持って行って
陣屋の再建したらいいのになっていつも思ってる




そこそこ立派な陣屋があったと思う
お隣の甘楽町なんかも 織田信長二男の信雄(のぶかつ)の御殿を再建してるのにね

なんか欲しいなぁ




一番の自慢はやっぱり「多胡碑」かなぁ
日本三古碑とか言っても 地味だね




吉井の歴史年表
明治維新の頃 天狗党の通過や小栗上野介の名前がある

吉井藩の藩主
徳川家康の孫 高崎大信寺に眠る 徳川忠長公の子(言い伝え)松平長七郎のその子が
藩主だったりして・・・




3階からは四方がよく見える
北は吉井の町と遠くに高崎の街並み
我が家も見える




南は眼下に「グリーンパークカントリークラブ」が見える




東は藤岡市
湿度が低ければ遠く筑波山方向まで見えるのではないか




西は牛伏山の尾根越しに浅間山が見える(はず)

けっこういい山です




尾根沿いに西方向へ行くと 幾他の石碑があり
とても素敵でない銅像もあるが
一番素敵なのは巨大な牛(伏せている)

昔 娘たちを連れてきてこれに乗らせたよね




子の上に休憩所 鐘突き堂 洞窟観音 小動物園(休園中)などなどがあるが 今回は行

かず




何となく 秋 っぽい




キレイだぁ~
煙と何とかのように高いところ好き(^^)・・・




緑いっぱいです

もっと大勢の人に来てもらえるようにしてほしいね


  1. 2013/08/29(木) 23:58:48|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏も最後

朝晩過ごしやすくなってきました

というか 薄着だと寒く感じる時もあって 「夏も終わるな」って感じます

今年は あっという間に梅雨があがって 7月上旬に暑い日があり
下旬(本来夏真っ盛り)には雨模様で気温が上がらず ここで梅雨の終わりのような日々 全国的に豪雨被害もありました
8月になると またまた猛暑が続き
全国的には場所場所で豪雨被害

変な天気です

ここにきて 虫の鳴き声も含めて 秋が来るなって感じます


個人的には7月中旬から 倉庫建築が始まって どこにも行かず
夏あったのかなぁって感じもありますが

花火だけは 榛名湖-高崎-旧榛名町 と全て見られて満足でした

テレビなどの天気予報では「このあと時々夏日がありながらも徐々に涼しくなっていく」とのこと
「三暑四涼」 って「三寒四温」の逆ね





で 朝 市内街中での空
空気が乾燥してきていますね

抜けるような“青”




昼間は暑くなりました
でも 湿度が低いと爽やか




朝方 月がまだ見えます(^^)



  1. 2013/08/28(水) 22:07:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江戸前そば くりもと

ブログアップがままならず ちょっと前の出来事


先日 実家の母とお墓参りをした時に 二女からのお土産を持って行くのを忘れた

それを届けついでに 一緒に昼食




蕎麦って気分~  の時は

母の家から近くのここ 「江戸前そば くりもと」




いつも夜来ることが多い 昼間は店の周りも良く見えるね

お盆が終わっても その週末までは混雑している
若い女性の従業員さんが3名程増えている




こちら お酒の「お通し」ように お蕎麦を揚げたものを出してくれる
料金は取らない 嬉しいね(^^)




ひとり一つ 娘はすでに抱えて食べてる(^^;




「私は蕎麦って気分じゃない!」とか言って 「ねぎとろ丼」を注文した娘




私は いつもはかき揚げ丼を頼むことが多いのであるが 今回は「とろろ丼とせいろ」




この家の 「せいろ」 めちゃ美味い




「とろろ丼」
これもいいね(^^)




女性陣(母と妻)はいつもの「かき揚げ丼とせいろ」




このかき揚げは優れ物
ホタテの貝柱がたっぷり




さて揃って みんなで食べましょ
先にきた娘はもう終盤(++)




お店の中で 麺打ちの作業場が見えるのっていいですね(^^)

こちらのお蕎麦 口当たり舌触りとても良くておいしいです








それほど大きなお店ではないが 昼間にくるとそれなりにアプローチなど神経使っているのが見えます





御馳走さまでした
美味しかったぁ~

いいお店です


このように女性群と一緒に食事行くと なんだかいつも一人前半以上食べるね
みんなから少しずつ 食べきれないのをもらう

お腹いっぱい~



  1. 2013/08/28(水) 20:59:43|
  2. ごはん(お蕎麦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

倉庫建築 その11 内壁張り

倉庫 外観はできて 荷物の搬入も終了
とりあえず 前の物置から持ってきただけなので内部はごちゃごちゃ

内壁くらい貼らないと 本棚も入れられないし棚も作れない

さて ここからの作業は 私自身が中心
とはいえ プロに道具を借りて指導を受けながらです




土曜日朝 ビバホームに行って 内壁に張る 構造用合板を買ってきた

針葉樹の暑さ12mmもの とりあえず30枚 1枚998円




合板もいろいろな厚さ いろいろな材質があります

少々重いけど 後あとを考えて 野時板と同じ12mm




周りの面とりをします




大引や梁 筋交い部分は切り込み




仕上げ前は外壁の裏側 その下のシートが見えます

断熱材も検討しましたが 体に良くないとのこと




水平に貼るので「墨出し」
これ楽しい(^^)




1820mm×910mmの合板を貼り込みます




1日目は 始めるのが遅かったのと慣れないので全体の1/3位しか貼れません

黄色いのはコンプレッサー 圧搾空気のくぎ打ち機を使いました
これも楽しい(^^)

手で釘を打ってたら 1日に何枚も貼れないね




2日目は雨模様 室内で加工作業をします

合板もあと10枚買ってきました




上の梁までは 合板3枚と残り14~5cm
加工がめんどい




ホクヨープライウッド “宮古”工場

震災地での製造物ですね
少し「頑張れ東北」ができてます




窓周りやら けっこう厄介







2日目 最後の頃

調子に乗って釘打ちしてたら 左手中指に釘打ってしまった

合板と下地棒よりも釘の方が少し長かった
5mm程差し込んでしまった(++)

思いっきり出血したから多分大丈夫と思うが 念のためお医者さんに行ってきた


素人は調子にのっちゃ駄目ね

さて あと来週末1日で終わるかな(^^)


  1. 2013/08/27(火) 23:42:05|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

剣菱

私には「酒」と言うと“剣菱”と思っていた時代があった


酒のたしなみを覚えた頃のことだろうか
子どもが自宅で家族と一緒に酒を飲む時代ではなかった(・・我が家では)

学生時代 私は自宅から電車・バスを使って学校に通っていたが
クラスの1/3位が寮生だったろうか
寮は中学卒業したばかりの子どもでも
先輩から習って たまに酒を飲むことがあったように記憶している
私もそのような際には仲間に入れてもらい飲んだ

その時の酒は“剣菱”
「ん~ 男の酒だよ 剣菱は~」という口上で茶碗で飲んだ

いい時代でした(^^)





お酒 目新しいのない場合 なに買おうかな と思った時には これを手にする


「今日は何? あ お刺身ね ぁ~ん 手巻きぃ 忙しい時にはいいね(^^)」
とか言って 酒を飲むパターン


「剣菱酒造株式会社」

調べたことなかった

神戸市東灘区に本社を置く酒造
「灘五郷」の一つ 500年以上前に創業している (よくわからないが なんだか凄い)





若い時の記憶がよみがえる
旨いと思ったのだろうか?
「先輩の講釈」を聞きながらあおってたね

先輩っていう人達も 大半が未成年? でした

死人が出なきゃいいんでしょ(*^^*) って考えもあるね




なにはともあれ 前橋育英高校 甲子園優勝 おめでとう

今は高崎大好きの私ですが (あ 富岡と安中も好き)
前橋の学校を卒業してます

前橋も好きだったし 今でも好きです
ただ 高崎と競争している時は高崎の応援団です


  1. 2013/08/22(木) 21:41:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

おめでとう(^^)

正直言って 信じられません

・・・・前橋育英高校 甲子園優勝!




県予選の前日 知り合いが 県予選決勝の 育英と農二のそれぞれ校長先生とお会いしていて
それぞれの学校の意気込みを聞いてた

農二は 甲子園経験が数回あるので 気合十分 「行く準備万端」とのこと
育英は 決まれば初出場 「なにもしてない 行ければいいね」っとのことでした

県での優勝は 前橋育英 甲子園初出場でした


それを聞いても 「私は高校野球興味ないし~(++)」って言ってた

思えば この日本でスポーツの中で 野球だけが特別扱い
「野球道」なる言葉もある位
新聞社が自社の宣伝でやっているのか その先のプロも新聞社主導

やっている人が凄いのも解るけど どうもお金の匂いがプンプン
野球がこんなに盛んでなければ オリンピック種目の名選手が沢山出来るのにね
ってくらい 運動にたけている人が皆野球に走る

我が家に男子がいないこともあり 昔は私自身も野球好きだったのに 今はそれほどでもない
特に高校野球 群馬県は元々先進県だったように思うけど 今やそれ以外の地域の お金つかってる私立高校の独壇場

群馬県の代表校は なかなか勝てない

それで まぁ見てもしょうがないし
興味もわかない・・・・って感じでした

ところが 前橋育英 1回戦は完封勝利 2回戦 準々決勝 と あれれ 強いぞ

準決勝始めてテレビで見た 「お~ いいねぇ 守備 ピッチャー バッター みんな なんかいいぞ」
前評判も聞いてないし

昨年 三女の同級生が数人 そこにいた  昨年は残念でした(++)

選手インタビュー 監督インタビュー聞いた
「おぉ よくありがちな肩に力入ってないね さわやか~!」

監督さん 謙虚 爽やか

高校野球の古豪とかいうチームの監督って 腹が出た だみ声のおやじってイメージが全くない




それを見て 今日の決勝 大応援してた

昼休み時間はテレビを応援 1時過ぎも廻りの人達が 「お~同点!」とか「勝ち越した」とか
最後はテレビ見てる人もいた 社内 大拍手!!


うれしいね(^^)

わが県のチームが頂点に立ちました
高校野球って 凄い選手が一人いても なかなかだめ
しいて言えば 「星飛雄馬 の 星雲高校」くらいですね

それとなに? マスコミの東北への贔屓
確かに大きな痛手を負った地域からの出場 判官贔屓 もあるけど 群馬も応援してよ


さっきまで 群テレで偉業 放送してた

それはそうと 育英の監督さんとキャップテン 苗字が同じで顔似てるって思ったら親子でした
すごいね 父ちゃん監督で 高三でキャップテンの年に全国制覇? 凄過ぎ

高校野球って筋書きがない
そこが魅力なんだよね

マスコミの扱いやあり方にいろいろと疑問は感じるけれど。・・

前橋育英 夏の甲子園優勝! なんてすばらしいことだ!


かけねなしに嬉しい(^^)



  1. 2013/08/22(木) 21:21:32|
  2. スポーツ ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大信寺 徳川忠長公霊廟

高崎市通町にあるお寺「大信寺」です

こちらは「江戸 徳川第三代将軍 家光公」の弟君である「徳川忠長」が埋葬されている墓地があることで有名です




墓石です

「葵の御紋」と形状が 徳川家のお侍の墓所であることを明示しています。

ただ 将軍のすぐ下の 同母の弟君の墓地としてはいささか寂しいとも思う




市内 東一条通り 「東竜」のある通りに正門があります

ここから参道が始まりますが 参道脇には通常の住宅が建っています




駿河大納言の墓

徳川忠長(幼名國松)二代将軍秀忠の第三子として生まれ 父母に愛され世子に擬せられたが、
春日局の運動が功を奏し、兄家光が三代将軍となった。
忠長は 甲・信・駿・遠・五五万石の大守となり駿府城に入封した。




寺参道(両側は普通の民家)を行くと正面に本堂が見える




それほど 大きくて立派 とはいうわけではないが 落ち着いたたたずまい

本堂の窓ガラスを見ると 中に「輪つなぎ」が飾ってある
隣の同経営の「明徳幼稚園」の作と思われる(^^)




墓地内に入ると ひときわ大きな墓石がある




三葉葵の御紋がしっかりと刻まれている




廻りを厳重に囲っています




「徳川忠長の墓」と看板があるが 西日が強く字が飛んでしまった

「父の秀忠や母の江は、病弱で吃音であった兄・竹千代(家光)よりも容姿端麗・才気煥発な国千代(国松)を寵愛していたとされ、それらに起因する竹千代擁立派と国千代擁立派による次期将軍の座を巡る争いがあったとされる。この争いはのち、春日局による家康への直訴により、竹千代派の勝利で終わる。」(wiki)

将軍職の兄弟での争い
事実は解らないが 本人たちは 関与していなくても それを利用して我が身の安泰を図る家臣の企て?

小中学校での歴史の教科書で「三代 家光」は15人の将軍の中では良い方に位置すると思う
しかし こちらに書かれる 「弟 忠長の方が優秀 家光はちょっと・・・」とある
それにしても 現在のドラマに書かれる 「春日局」もいい人であったり悪女であったり
どのサイドに立って物を見るかで評価は全く変わってしまう

明治維新時にしてもそう
会津サイドからみた維新時の話を見るまでは 新政府「薩長土肥」は正義の味方だったりするしね

忠長と会津藩の始祖である「保科正之」は異母兄弟であり 会津藩には忠長の力で 家康の遺品などが与えられている
なんだか 江戸期の初期と最終期に変な縁があったりしてね(++)

優しかったり 周りに気遣いしたり 義を重んじたり 優秀であったりして本来は評価される者が
おそらく家臣団の企てで 「蟄居」「改易」「領地没収」 
最後は高崎城に「幽閉」- 「自刃」 ・・・ホントに自分で?と思ったりする

ただこれも 墓地のある「高崎」市民である私が思うところと たとえば春日局の菩提寺「川越」の人では
思い入れが異なるのでしょうね


そして 忠長の子が「松平長七郎」
ご存知「長七郎天下ご免!」や「長七郎江戸日記」で有名ですね

父の死後も高崎城に幽閉されていたが 紀州徳川氏に助けられ その後諸国で活躍する(架空の人物です)




こちらのお寺 「浄土宗」

徳川の将軍が多く眠る 東京・芝の「増上寺」と同じ宗派




本堂の屋根下に「ホンダCB750」が停まっている

住職さんの愛車なのだろうか

「早川光」がいるのか・・




外へ出て 大通りを行けば 旧高崎郵便局(今は市営駐車場)の壁に
中山道67次の浮世絵の群馬県内の宿場のレプリカが貼ってある



  1. 2013/08/21(水) 22:31:55|
  2. 街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日昇軒

下仁田でお昼時間 そりゃここで何か食べるでしょう

母にとっても 自分自身にとっても「想い出の町」
母は この町で生まれた この町で子ども時代を過ごし この町で仕事を持った
この町で所帯を持ち 子ども三人を産んだ

私も 小学校に上がる前まで この町で過ごした




「日昇軒」
ネオンサインですね
夜来たことないから光っているところ見たことない




看板

「Since 1919」だってよ
大正8年ですね

堀越二郎氏はまだ藤岡にいる頃ですね




盆の最終日 混んでいた
ほぼ満席だったが 窓際の席が一卓空いていた ラッキー(^^)




メニュー

あれ? 随分あっさりしたメニューになってる

このところ PTAの挨拶回りで 下仁田町に来た際に何度か来てみた
今年は PTA終わってしまったので 私は来なかったが
仲間に聞いたら 今年もここに来たらしい




注文しても 廻りを見るとしばらく時間がかかりそうだったので 街中見物

店から東 駅方面を見る この狭い道 下仁田町の商店街メインストリートですね




店から西方面




進むと 撞球場(ビリヤード場)

もっと進むと 広場がある 昔の映画館跡




道の上には 「七夕飾り?」

この道は 保育園への通学(?)路
5~6歳児が好き勝手うろついていた(*^^*)




下仁田は「カツ丼」の街




店前にキレイな鉢植えが




さて注文が揃いました




「Aセット オムレツ、エビ、ハンバーグ に ライス」

たまにはこんなのがいいと妻が注文




「ヒレカツ定食」

母が注文




へぇ~ こんなのがあるんだぁ っと私

「特上ロースカツ定食」




肉 でかっ!




あつっ!


美味かったぁ!




リーズナブルでした

昔からの洋食屋さん  いいね

頭の後ろは「千紘」の絵でした


御馳走さま(^^)



  1. 2013/08/20(火) 21:41:35|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

送り盆 墓参 霊山寺

お盆 16日金曜日 送り盆の墓参と菩提寺に 母を連れて行ってきた




墓は 八幡霊園(はちまんれいえん)
いい天気  というか 暑い!




父から始まるこのお墓
私は二男なので こちらに入ることもないと思うが 父はけっこう若い時期にこちらを用意したようだ




向かえ盆の際にあげたお花を交換した

この時期に 花やさんは ここぞとばかりに高額な値付けをする




こちら八幡霊園は 高崎市の水道局 若田浄水場に隣接している

高崎の水は美味しいと全国的にも有名である

なんだか 特別な藻が繁茂して美味しくしてくれているらしい
原水も榛名里見の烏川から引っ張ってきている

いい水です
倉淵の烏川ダムは建設中止になったが 中止になっても大丈夫って・・・最初は何?




観音山丘陵をバックに いい場所だと思うよ









墓参を終えて 菩提寺に挨拶

下仁田町の「天台宗 松露山 霊山寺」

夏らしく 百日紅がキレイに咲いています




何度かこのブログにもあげています

境内に入ると まず「六地蔵尊」




塀に沿って「十八羅漢」




いつもとは違う方向から撮影




「下仁田の鐘」

大きな境内ではないし 古いお寺の建物があるわけじゃない
鬱蒼とした参道を通るわけでもない

コンパクトなお寺です
下仁田の町を囲む山にへばりつくようにあります

本堂も鐘ツキ堂もたくさんの仏像なども比較的最近のもの

でも このお寺 好き




「上州七福神」の「布袋尊天」が祀ってあります

「七福神信仰は、徳川家康の相談相手であった上野寛永寺の開祖天海大僧正が、
「七難即滅、七福即生」に基づいて天下統一を果たされた家康公に、この偉業は七福神の七つの徳すべてによってなされたものと申し上げ、
これを喜んだ家康公が七福神の画を描かせ祀ったことで人々の評判となり、広まったといわれています。
上州七福神は、天海大僧正にゆかりの深い徳川家出生の地上州に。古くから祀られてきた神様です。」

「布袋尊天  中国の実在の僧侶がモデルといわれ、大きな布の袋をいつも持ち歩いていたところから布袋という名がつきました。
 天候占い、吉凶占いをよくし、人々に慕われ、その人徳から神格化されて中国では弥勒菩薩の化身ともいわれています。」

“幸福招来” “笑福円満”


いいね(^^)




住職さんは 急にお葬式が入ってしまい 出かけしてしまっていました
住職さんの奥様と息子さんがお相手してくれました


こちらのお寺の一番いいところ
住職さんを初め ご家庭の方が皆すごく感じのいい方々です
檀家の人々に優しく接してくださいます

そしてなんといっても 田舎だからなのか お支払いする金額が低廉です
いろいろな地域の話を聞くと 見たところの立派なお寺などは とんでもないお布施が必要とのこと

住職さん自身も 他に職を持ち 御自分の生活とお寺を任されている立場をしっかり区別しているのかと思われる
寺社の建築なども全てを檀家にさせるようなことはないとも聞く
(すべて推測です)

他に 偉そうに振る舞う どう見ても聞いても立派とは思えない僧侶との接触もあるので こちらに来るとホッとする

私自身の今後はどうするんだろうか・・・・




三人で行った
団扇を三本いただいた
これはわたしの「うさぎ」 他に「桔梗」と「金魚」
それと「天台宗の新聞」と「ぶっきょうスクール」という小冊子

こんなのも嬉しい 勉強になります




祀られている「布袋様」です

掛け軸や色紙 本などは定価票があります
これは売れれば税金対象なのでしょうね(^^;




東の窓から眺めると墓地があります
山にへばりつくように 上の方まであるようです

父の父母が眠っているようですが行ったことはありません


  1. 2013/08/19(月) 22:21:00|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

樽酒

っと言ってもおそらく 桧樽の香りをつけてあるだけのものでしょう

このところは ほとんど家呑み
食事のメニューによって飲むものを変える
日本酒が多いね

地方の地酒といったものを好む

好きなのはやっぱり 倉渕 牧田酒造の「大盃」


スーパーマーケットでこんなのを見つけた
安い(^^)





「菊正宗 樽酒」
ブランドとしては テレビでCFをしているものはあまり飲まないが

「樽酒」に惹かれて買ってきた







旨い~(^^)


  1. 2013/08/19(月) 22:05:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

花 久しぶり~(^^)

何度も書くが 忙しかったぁ~
その時って 周りが見えないのね

昨日は 借りていた軽トラを洗車
倉庫の中をお片づけ

倉庫の外の草刈りや 土のならしもしなくちゃ・・と




ちょうど ササユリの開花時期
我が家は数年前に榛名からもらってきたが 毎年廻り中に広がっている

周辺でもちょうど皆開花(^^)




いたるところにあると 安っぽく見えてしまう




毎日 ホテイアオイも咲いているようです




じっくり観るとキレイ(^^)




家の脇に ピンクの花が咲いていた
名前知らない 調べなきゃ




今年初めて いきなり出てきた

毎日 ゆっくり花を見る生活をしたいものです

今年は 駄目ね 妻も片付けで忙しい




  1. 2013/08/18(日) 01:35:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

倉庫建築外観完成 荷物搬入

先週末 8月11日 日曜日 倉庫の外観が完成した

着工が7月11日だったので 一か月ちょっと 32日で出来た
内装はオイオイやって行くので まだまだですが・・・

実は今まで借りていた山の古い住宅を 持主(?)から「お盆までに空けてくれ」と言われてた

借りていたオーナーが しばらく前に亡くなってしまっていて
その方も 他の方から購入して所有者であった と思ったら 登記をしていなかったようで

以前の所有者が 自分の物 として出てきた (あらら;;)

で 退去を急いでいたというわけ

それにしても ねぇ




この土地に作れる概ね最大の物置を作った
住居専用地域なので50m2まででした

コンクリート床とガルバリウムの外観 雨露埃がしのげるように と




あとでの反省
2~3t車を借りるんだった
軽トラで15往復 乗用車で12往復くらいしただろうか

体力的にも限界~(++)




一応 樋も附けたし

ガル板もう少しオシャレっぽくなると思ったが・・・・




換気だけが大切に 吸気口

窓ガラスも「曇り」にしてもらった




南に 換気扇(まだ・・)








荷物運びこんだら いっぱいになってしまった(++)

これを整理して半分に減らす予定




雛人形だけで 軽トラック2台あった




他人から見ればおそらくゴミ

私には大切なものもある
私にとっても 考え方でゴミに出来るものもある




まだまだ大変

スキーとかゴルフとかいらないね・・・


  1. 2013/08/17(土) 20:37:55|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牧野酒造 特別純米酒 高崎

もっと大好き!(になりたい^^)高崎




倉淵町権田の「牧野酒造」のお酒 「高崎」




宴会などでも何度か飲んでる

牧野酒造のファンだから好き




全国の人には 「大分の猿山」の方が認知度が高かったりする

「高崎」って 古い人は「ラジオパーソナリティー」だったり ロック少年には「ギタリスト」だったりもするが

実はいいものたくさんあるのにね




人が元気 人が動く 高崎

高崎市は自然と歴史と文化が調和する交流拠点都市。そこに生きる人達は活気に満ち輝いています。そんな人情あふれる高崎の心を感じながら味わっていただけれれば幸いです。

特別純米酒
もろみを搾った直後のお酒本来の香り、ふくよかな旨味を損なわないよう、瓶に詰めました。
開栓後は冷暗所に保存してください。

(^^)




牧野酒造 「大盃」「榛名山」などなど

群馬での国体が「赤城国体」だったり 地元アイドルが「AKG」だったりするが
高崎人は「榛名山」の方が好きだよ(と思う・・)(思いたい)




何度かあげてるけど
「高崎白衣観音」って世界で最も美しい巨大スタチューだと思う
「縁起達磨」の生産量って日本一だし
「群響」の歴史にしても凄いし
「総理大臣」何人も出してるし
まだまだ自慢できること沢山あるが・・・・・地味・・・・なんだろうね

郡山が歌の街だったり 栃木県小山がハンドベルの町だったりって(これも地味)
なにもなかった町ががんばれば少し有名になる

高崎の花火にしても50分で1万5千発 って 5秒に1発だからね
今後に期待しましょう




布袋さんが高崎出身だよ
本人メディアであまり言わないけどね

「BOOWY」「Back-Tick」とかけっこう出てるのに
おそらく 群馬県は東京都の一部って思ってるんだろうね

さだまさしや福山雅治が長崎売りにするのと違うんでしょ
福岡や広島なんかって 東京と離れた場所は地元に凱旋できるけど 通勤圏だとね

それじゃあ
がんばれアマチュアおやじバンド~!

おっとお酒の話だったのに 愚痴っぽくなりました 失敬
酒飲んでる時みたい?(^^;


  1. 2013/08/17(土) 00:13:39|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

有明にて

今週月・火は東京勤務

月曜日 JRも・・ とくに「ゆりかもめ」が混雑している
今年のお盆は東京観光客が特に多いらしい

各テレビ局もイベント一生懸命
フジも「お台場合衆国」

そして 国際展示場周辺にきたら 混雑の一番の原因も解った
「お台場合衆国」などとは 雰囲気の異なる人達




「コミックマーケット84」

なんで84なのか不明

大勢の人垣が・・・・




数年前 最初のガンダムを見に来た時が コミケ当日だった

凄かった




いるいる コスプレの人とそれを撮影する人

可愛らしい女の娘が沢山いると思われるが この暑さと おじさん 空気が違うので無理~
でも上から撮ってるの盗撮か?--;




この日をめがけて世界中から人が集まる日とのこと
今年は10(土)11(日)12(月)が開催日でした




こちらのグループは「プリキュア」?
顔もアニメになっています




凄いね・・・・

コミケや国際展示場をブログなどネットにのせると いきなりカウントがあがることがある
昨年 少し挙げたら その日だけカウントがメチャ上がった
あくまでも個人の備忘録  気をつけないとね




こっちの方がいいかな

羽田を飛び立つ飛行機の空路

季節によって 風向きが違うから離陸が見えるのか着陸が見えるか違うね
前回来た時は 房総半島南部から TDL上を廻って 東から着陸の航空機が見えた
今回は 空港から北へ向って離陸して右旋回して この状態(^^)




東京湾ゲートブリッジ




走る船も好き

この周辺 東京オリンピック決定したらいいね


  1. 2013/08/16(金) 23:46:44|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有明 セントラル カフェ テラス

ここ数日 体力限界~!
ブログ更新1週間できなかった


先週末に 倉庫が概ねできた(主に外観)
着工から丁度一カ月!!

週末から 引っ越しをした
荷物入れたら新しい倉庫いっぱいになってしまった(++;

それはさておき 月・火と東京勤務

ランチから覚書





セントラル カフェ テラス
こちら訪問の際は たいていココ

まぁチョット洒落た学食みたいなトコ




メニューもたまに来るのなら ランチのセット AとBがあります
そこそこ豊富
(ピンボケ・・・)




月曜日

「牛バラ肉と野菜」
付け合わせは「シラス大根おろし」




火曜日
窓際席がとれた
少し嬉しい(^^)




「大エビのピリ辛ソース」
付け合わせは「温泉たまご」




大エビ・・・ころもがね(^^;




最近 白米 と 麦めし がチョイスできる
この日は「麦めし」


ランチ   ・・カロリー少なめ 健康的
お値段もまぁまぁ

悪くない


  1. 2013/08/16(金) 23:39:27|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海鮮茶屋 一鮮 (LABI1高崎)

ヤマダ電機 LABI1高崎でちょっと電化製品を買い物
夜遅くまで開店しているので便利

早々に済ませて 5階 レストランフロアで夕食




「海鮮茶屋 一鮮」に行ってみた




店舗前に見本が出ていて解りやすい

このフロアには 和洋中16店舗が集まっている
ただ正直 「ここはぜひ行きたい」という店が少ない
ヤマダ直営のフレンチレストランがあったけど 普通の食堂に変わっていた

ビューホテルにもフレンチあったのに今はない
だめなのかね高崎では・・・




おぉ~
席に着いてメニューを見ると 「飲み屋」じゃん(^^)

そして こんなメニューがあった
「超特急セット あさま たにがわ とき」新幹線利用の出張客の晩酌セット
・・・そっかぁ ここヤマダ電機の本社
ヤマダ詣出のビジネス客が多いのね

郡山でもこういう店を見つけたけど見当たらなかった

それにしても 1-2-3と価格と 列車名はこの順?
「あさま」と「たにがわ」 逆のイメージだけど・・・・




でも この日は飲まずに 夕ご飯

「一鮮御膳」をいただきました
お店の一押しでしょう

あとで店前の見本見たら 「特選一鮮御膳」ってのもあった(++)




品数多いのっていいよね

・・酒飲みたいって思ったけど我慢




酒飲みたい・・・けど我慢




・・もう言わない




こんなのも付きもんだね

みんな少しずつなのがありがたい(^^)




天ぷらは塩でお食べください

カラッとしてて旨い




お店入る前まで あまり期待していなかったけど
悪くないよ


奥の席で宴会のグループがいるようだ
姿は見えないがうるさい

自分自身も 宴会で飲んでるとそうなっているのかなぁ




デザート アイス付です


いいじゃない
値段とのバランスもいいですね(^^)

また来ようっと



  1. 2013/08/10(土) 06:21:26|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

倉庫建築 その10 外壁工事

水曜日から外壁を張ってもらてる

もうそろそろ 引っ越し荷物を入れなきゃね




木曜日の朝に気がついた
水曜日(7日)からやってくれているようだ




ガルバリウム鋼板
ちょっとガンメタルの入ったシルバー

街中のオシャレな住宅に良くあるので選んだが
物置(窓が少ない)なので 昔のナマコトタンにちょっと見えたりして・・




丁寧に作業してもらっている




出入り口のモルタル打った部分も型枠が取れた
ジャンカが出ないように 棒でかなりつついた
まぁいいんじゃない(^^)




週末 明日 明後日 と残った工事やら 荷物の搬入しなくちゃ(++)

内装はあとあと・・・(;;)


  1. 2013/08/09(金) 23:03:25|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九試単座戦闘機

藤岡歴史館での 企画展“堀越二郎の軌跡”

そこで 堀越二郎設計による「九試単座戦闘機」のフィギュアを買ってきた








マグネット付フィギュア
スタンドがついていて その下のマグネットで鉄面などに張りつく




これ(^^)




ジブリ映画「風立ちぬ」のポスター面でも描かれている




1934年(昭和9年) 三菱航空機と中島飛行機の両社に試作指示が出され 
1935年(昭和10年)に試作機が完成
審査の結果 三菱機が採用された
日本海軍初の全金属単葉戦闘機である
それまでは外国機のコピーの域を出なかった国産機が一躍世界水準を超えることになったエポックメイキングな機体である
三菱機の設計は堀越二郎が行った。

試作一号機だったため 生産ラインにはのっていない





逆ガル翼の航空機は日本では数少ない

エンジン出力増加を活かせるよう直径の大きなプロペラを採用するためや
爆弾取り付の作業性を向上させるために胴体を地面から離しつつ
主脚を短く設計できる等のメリットがある




可愛い(^^)

このあと マグネットのつくスタンドを欠いてしまった(++)



  1. 2013/08/08(木) 21:57:02|
  2. アート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

純米酒 あぶくま

どこかに行く都度 地元の地酒を買ってくる

最近は“酒”が一番旨いと感じる

飲み過ぎだめよ と思うが
一般的に14度くらいの酒であるが 最も常に「ロック」であるので アルコール度数は10度くらいであろうか
量をビールの半分にすれば 同じ(^^)




郡山-三春-田村に行った時に買ってきた

“あぶくま”純米酒




田村市船引町 玄葉本店

田村市は 福島県内 中通り と 浜通り を分ける 阿武隈山中

もうそのものズバリ ラベルも文字のみ(^^;




こちらの酒造は
「現在の蔵元本人が杜氏となり数年・・いま福島でもっとも注目を集める蔵になりました
この日本酒受難の時代にあってお酒が足りない蔵です」とのこと

「1823年(江戸年間 文政6年)創業 年間200~300石前後の小規模な蔵です 製品出荷先の大部分が地元田村市とのこと 経営者が自ら製造責任者となり地元の人間だけで仕込む体制をとり 
小規模さを生かし 手間を惜しまずに丁寧に仕込むことで 毎年酒質のレベルを上げている」




「玄葉」と言う割と珍しい名前 ニュースでもよく聞く名前 と思ったら
日本が壊れても仕方ないと思っている人も多い民主党という日本の政党の中で
比較的しっかりした 代議士さんの「玄葉光一郎」さんの実家でした(目力もしっかり!)

この時は 参議院選挙時だったので 田村市内で ご本人が応援演説しているのを目にしました
残念ながら(当然ながら)民主党の女性候補者さんは自民党の現職女性大臣に敗れました


  1. 2013/08/08(木) 21:02:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

藤岡歴史館 企画展“堀越二郎の軌跡”

藤岡歴史館(藤岡市埋蔵文化財収蔵庫)
企画展 “堀越二郎の軌跡”
7月13日(土)から9月8日(日)まで開催
入場無料

日本航空機技術を得海水準まで高めた 航空技術者 堀越二郎
初公開史料でその人物像が今、明らかになる
 



私は明治三十六年に群馬県藤岡市に生まれた。
この年は偶然ながら、アメリカでライト兄弟の飛行機がはじめて飛んだ年でもあった。
堀越二郎著「零戦 その誕生と栄光の記録」より




藤岡市白石
七興山や白石の古墳群がある地域 藤岡歴史館がある

群馬や埼玉北部は 東国文化が栄え 畿内若しくは九州の日本国と別の国があったんじゃあないかとの話もある 古墳文化の中心地

藤岡市も周辺整備を行い 少しお手伝いもさせてもらっていた

ここで 今話題の「ジブリ映画」にも関連する企画展が開催されている

数日前 友人のabaloneさんのfacebookを見て この企画展に気がついた




行く道に沢山の案内看板が出ている

おそらく 古墳などからの収蔵品だけでは集まらない種類と年齢の人達を集めるのであろう




企画展の案内ポスター




建物はメインの名前が「藤岡市埋蔵文化財収蔵庫」
平屋で平面的な殺風景な建物(に見える)
もっとも主が収蔵庫(倉庫)

家族連れの来客が多く
露店も並んでいる




歴史館  収蔵庫  どっちなんだぁ




展示会場内は「撮影禁止」  残念!

今まで何処にあったんだろうって思うほど貴重(と思える)な資料が沢山展示されている
それでも戦前の未公開資料(約1000点)の内の 約200点の展示で 堀越二郎の生きざまを探る


“堀越二郎”氏

カッコいいね(^^)

昔の写真 我が家にも親の親やその親 親戚の写真(複製)があるが なんだかカッコいい
きっと撮る枚数も今ほど多くないから いい写真しかないのでしょうけど
日本人もカッコいいよ




「チームワーク」
(艦上攻撃機木型前、広瀬、長谷川、堀越、曽根、宮原)
日本の独自性、日本の技術革新に挑戦、尽力した技術者の素顔

この人達 何歳なんだろうって思うけど
きっと若いんだと思う

いい時代だけじゃなかったんだろうけど 「ある部分羨ましいとも思える時代」です


ジブリの映画は
主人公名「堀越二郎」第二次大戦中の航空機設計者
それを生かし「堀辰雄」の私小説「風立ちぬ」を合わせて
航空機工場のせがれ「宮崎駿」の自伝(心の中の)とも言うべき作品とのこと


東大主席卒という才能を買われ 欧米に研修に行かせてもらっている
パンフレットや記録も展示されている

堀越二郎のの設計した零戦を初め 数種の戦闘機
古い飛行機 から最近の飛行機まで 沢山のモデルが展示されている

我が家のテレビの上にあるのは アメリカン航空のDC10
(長女が10数年前にサンノゼに向かった時に乗った機体のモデル)




「堀越二郎」名は太平洋戦争時 世界の名機として君臨した「零戦」の設計者として有名




堀越は群馬出身であるが 「三菱」に就職
群馬には その当時航空機製造会社として大企業の「中島航空機」もあったが「三菱」に請われて行った

「零戦」は三菱で設計したが 2/3は「中島」で製造した


設計図 面白いね
「着艦フック」もあって「艦上戦闘機」がよくわかる(^^)

私にとっても「零戦」は少年時代の憧れ
「零戦太郎」「零戦隼人」
辻なおき氏の不朽の名作

ソノシートもどこかにあるかなぁ




昭和の初め 飛行機の羽は 単葉機であっても みな胴体よりも上についていた

戦闘性能を高めるため 低翼に変えようと設計していた




堀越二郎 初期の設計作

「九試単座戦闘機」
ジブリのアニメのポスターにも描かれている

試作一号機 逆ガル型の主翼を持つ




堀越作の戦闘機

零戦も古くなり 
より高いスピードや上昇能力を備え 局地戦闘機として 空爆に来るB29を迎え撃つべく設計された「雷電」




そして 「烈風」

ただしどれも「零戦」を上回る安定性を持つことができなかった
時代においても 物資不足 熟練工 熟練搭乗員 がなく 戦局はもうどうにもならなくなってしまっている時期のこと

どれだけ優秀なプランナーがいても現物にはならない

「烈風改」の設計図の一部が堀越二郎の親戚の家の蔵から出てきたのは 2005年のこと
最近のジブリ映画の影響でこの春に発表された

図面はA1版 青焼です
青い紙面に白い線と文字

トレーシングペーパーに墨で書いた線や文字を感光紙に重ねて機械に入れると
光を通さない部分が白く残るって仕組み


数多い出品資料の中でも

「堀越二郎の部屋(仕事場)」は面白かった

「製図板」「T定規」「三角定規」はもちろん たくさんの「雲形定規」
そして 「タイガー計算機」おお!

「タイガー計算機」
大正12年から昭和45年まで製造・販売された 手廻計算機

使ったなぁ カシオfx8が出てとって代わられちゃったけど カリカリ チーン ってやったやった(^^)
欲しいなぁ

私も技術者だったことがあったんだって思い出しました(^^;

ジブリ映画前回の「コクリコ坂」では「ガリ版」があったな




ジブリの映画も観に行くしかないねぇ

っと言っても ジブリはいつも行ってるけど

今回「宮崎駿」の遺作って言われてる(ホントかぁ)
モノラルだったり擬音を人の声でやったりといろいろ考えてるという

「風立ちぬ」は堀辰雄文学 映画では「モモトモ」のイメージがあるけどね(^^;




生きねば。

航空機に美しさという理想を求め 戦争という苦悩の時代に翻弄された 堀越二郎

設計した航空機は 飛べる形では国内に残っていない

見ているまえで 自分の設計した愛すべき作品は 生きた人を乗せ 棺桶になってしまっていた

つらかったことでしょう

その後 国産旅客機 「YS-11」の製作にもかかわっている




隣には 七興山古墳があります

がんばれ群馬!


  1. 2013/08/07(水) 22:09:35|
  2. アート
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

倉庫建築 その9 屋根・軒裏・モルタル工事

日曜日 連日の建築工事である

屋根の残りを張り上げ 役物もつけ終わった




定尺ものの材料を現地のサイズに合わせてカットし
接合面に注意しながら組み上げ下地にビス止めする
軒の最終部分や妻側 それと棟に別の役物をとりつける

屋根は雨漏りしてはいけないから そこに注意して作業しているようだ

またガルバリウム鋼板は基本長持ち錆びないが 傷がつくと当然錆が出る可能性がある
切断時に切り粉がついて 作業時にすれても傷になる

いやぁ~ 大変でした(^^;




屋根とともに 出入り口の建具の下のモルタル詰めを行った

モルタル量自体は多い量ではないが 作業自体はけっこう時間がかかった
これって 自身が行う仕事の見積の際には 1m3当たり○○円だと わずかな金額にしかならない

小規模作業って大変




軒天も張り終えた
これはプロ

凄いね ホッチキスでバチンバチンとあっという間にとめてしまう




もう引っ越しの準備

内部の床や壁は あとでじっくりと自分が中心でするつもり
とりあえず土間だあるが 荷物の搬入はできそうである
キレイに掃除機をかけた




余った材料は置いていってもらう
脚立や作業台(これ いいよ^^)はお借りしておく




外壁は 今週ウィークディに工事しておいてもらう予定
樋 や 水切り 破風の板金工事もお願いした

それと換気扇ね
電気工事はあとでしよう

休憩用に 日除けや椅子 テーブルが活躍した
これら もう20年の上のものです
上の娘たちが小さな頃 庭でバーベキューやキャンプなどのアウトドアライフを良くした

キャンプ道具も一通りあるけど 最近(もう10年以上?)使ってないなぁ
最近は安くて良い品が沢山あるから 古い品はいつまでもしまっておかなくても良さそう

この椅子やテーブルは 壊れてもいいからって外に出しっぱなしだったもの
そういうのって壊れないんだよね




夏です



  1. 2013/08/06(火) 20:55:42|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高崎祭り2013 花火大会

8月最初の週末は 「高崎まつり」です
全国的にも お祭り開催のピーク日と思われる

「山車まつり」「ふるさと祭り」などと名前を変えながら
いまは「高崎まつり」が定着している

「花車」の運行 全国的にも旧市内各町内にそれぞれ趣向を凝らした「花車」がある
命をかけている(極端^^;)人からすると 「山車」ではなく「花車」だという(^^)

近年「神輿」が増えてきている
「山車」に比べればリーズナブルである

江戸の神輿に似せて 大人が楽しめるのであろう
おそらく自分でも担げば楽しいと思われるが 見ている範疇では 近寄りがたい
我々とは住む世界が異なる人の気がする

自身も幼児の時には「山車」を曳いたことはある
太鼓をたたいたこともあるが 笛を吹く年齢になる頃には 山車のある町からは引っ越しをしていた

“山車のある街中”に住むのは ずっと憧れであり 我が子にお囃子をさせたかったが
残念ながらもうだめですね(++)

お祭りは この際あれもこれもとイベント盛りだくさんで 的がつかみづらい
各自が自由にイニサイチブを取れるのは悪くはないが 私的にはもったいない気がする
国内各所の有名なお祭りはどうなのか よく知らないが
一点に的を絞った大規模なお祭りならいいなと思う

高崎市の「山車」は台数においても 美しさにおいても他に引けを取らないと思う
高崎の名物としてパンフレットの作製はしてあるが もっと予算を集中して 全国に売り出せないだろうか(街中に山車の保存館を建てるとかね・・・)


さて 昼間は建築工事を行っていたので 花火だけ観に行くことにした

我が家から街中まで著しく遠いわけではないが 歩いていける距離ではない
公共交通機関も 不便な場所である
結局 車で行く
駐車場捜しも大変




駅西口北側の 丸屋駐車場に駐車
屋上からの景色はいいね

駅を方向 新幹線やJRの軌道を見ることができる
その向こうには 駅東口の「ヤマダ電機LABI1高崎」や「ホテル ココグラン」が見える

「HOTEL COCO GRAN」は 市の中心部にリゾート施設を っと
再開発の建設初期から 若干関与していて完成を楽しみにしていた
利用者はどういう人なのか気になるが(^^; オシャレないい施設ができたと思う




夕暮れ時間 榛名山の山容が美しい




徒歩で花火会場まで行く
大勢の人が歩く歩く

ただこの写真にもあるように 自転車も多い
人ごみの中(歩行者天国)で乗り回す輩もいて危険で迷惑だ
降りて押していても大きな金属の塊は迷惑だ

多勢の警察官が出ているが注意をしない
自転車も「車両」なのだから お祭り当日は周辺部に大きな駐輪場を設置して祭りの中心には入れないでほしい

スケートボードに乗った輩もいるね
正直ベビーカーも気を使ってしまう(これは今後いい案を考えなければね)




街の中心部では「山車」のお囃子合戦が始まろうとしている
花火と同時の時間なので あまり観たことはない
逆に「山車」の人達は 近くで花火を見たことないんだろうな




昼間も美しい「山車」であるが 夜 提灯に灯りがともるとますます美しい
お囃子をする人達も薄明かりに照らされ美しい




「雷とからっ風 義理人情」の群馬県
雷雨が多い土地であるが 今年は二日間大丈夫だった

雨が降ると このような美しい幕が可哀そうである
ライトアップされて美しいね




「お江戸見たけりゃ高崎田町」っと 街の中心部の「田町」の「花車」

シンボルは「神功皇后」
太鼓の叩き手も選ばれた可愛い娘にしているよう

さいきんは街中にマンションが多く出来 数年前に比べればたくさんの子どもたちを含め人が住んできている

街中にたくさん駐車場があって 料金が安いのもありがたいが
マンションについては賛否あるが 住宅ができ 人がたくさん住んで 商店街に活気が出るのがいいと思う




花火会場へ行く 和田橋の上は 人・人・人!
川の上なので街中よりもいい風が吹いて涼しい

交通整理のお巡りさんや係りの人が沢山いた
最近 サッカーワールドカップ最終予選の際の 渋谷スクランブル交差点での「DJポリス」をまねて
穏やかな口調で 皆に和んでもらおうと努力している係りの人達が見られるが まかなか上手な人はない
「お~ 無理してるなぁ」とか「あっ噛んだ」とか「あなた声質悪いから無理しないで」とか「カンペ見てるんじゃぁ ねぇ」と思う人ばかり

でも いい傾向です
昨年までは「こらー さっさと歩けぇ~」とか「停まるんじゃねぇ~」(冗談です)ってイメージでした

整理する側は 伝えなきゃ キチンとした人ばかりじゃないなぁ と思っているだろうし
歩く側も 拡声器で色々言われればイライラするし
いずれにしても人が沢山いる場所 事故が起きてはいけないからね
交通整理の担当の方々 大変なお仕事ご苦労様です




高崎の花火 7時40分から8時30分の50分間で“1万5千発”を打ち上げます

橋を渡る途中で始まってしまいました
人多すぎで歩くのに時間がかかってしまいました

「うひょ~キレイ!」




凄いよ!
和田橋の上流側 烏川と碓井川の合流地点で打ち上げます

その ほぼ真下(ホントに真下じゃ危ないけどね)が特別観覧席




大きな打ち上げ花火も上がります




高崎の花火は “休みがない”




和田橋の下流側に席をとった
ここでも充分に楽しめる

数年前には何度か 特観席のチケットを手に入れて見たことがある
6月頃に売り出しと同時に完売
無理してキャンセル待ちを狙ったこともあった

最近は知らないが 確か「座布団」と「ビール」「ノンアルコールビル」「お茶」に「おつまみ」付だった
しかも 花火の最中には 花火の燃えがら付(^^;




後半に行くにしたがって
スターマインも 「大スターマイン」「特大スターマイン」「超特大スターマイン」と豪華(派手)になってくる
しかも“休みなし!”




おそらく 花火が終わってから帰ると混雑するからと 終盤 早くも街方面に戻る人がいる
っと言いながら 橋上で立ち止まって観ている

さすがに交通整理の方々 「橋の上で停まらないでください」大連呼




どんどんパワフルになるスターマイン

三女は大学の友人に声をかけて一緒に花火を見てた
東京から4人も高崎の花火を見に来てくれた

この迫力に大感激したようである
来年も来る!って言ってた(^^)

テレビ中継までする「隅田川花火」などに比べても この高崎に花火の迫力にはかなわないと思う

音楽に合わせたり 三尺玉や四尺玉を上げる地域もあったり 花火師の腕を競う地域もある
まぁ観方はいろいろで 趣向を凝らした様々は形の花火を解説聞きながら風流に楽しむのもある



高崎の花火は「もう 自棄になってるんじゃない?」って思えるほどの数と上げ方(^^;




最後の「超特大」ものは
かなり大きな花火を打ち上げ 終わったかなと思うと一呼吸入れて もう一回り大きな花火を上げる

最後の花火が消えると 大拍手とため息の渦になる


今年も良かったぁ(^^)

花火って「大きな無駄遣い」 
火薬で作って空に打ち上げて破裂させるだけ・・・
私の会社も毎年 協賛金を出している(プログラムに社名が載ってる)

でも 観覧者に大きな感動を与える 「安いものだ」
規模と演出 集客の力   天候も大きな要素です 晴れた空と破裂後の煙を飛ばす少しの風

そして 誰と何時観て 何を話したか・・・・

十数年前にNTTの駐車場の屋上で 父母を連れて行って観たのが昨日のことのように残っている





和田橋を 街の中心部に戻る


帰りを考えると 飲めない
以前に タクシー3時間待ち 代行車2時間待ちを経験していると「我慢である」

市内のホテルをとっておくというのが 最高の祭りの楽しみ方でしょうか
娘の友人は 市内のホテルに泊まった



  1. 2013/08/06(火) 20:50:05|
  2. 街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

倉庫建築 その8 屋根工事

週末 土曜日 日曜日 は物置建築

早く作り上げて お盆前に引っ越しをしなければならない





前日に屋根材が搬入された




「ガルバリウム鋼板」

ニチハ株式会社製

当初 瓦棒葺き(縦葺き)を考えていたが 経済性や断熱性を考えてこちらになった
平葺きであるが 内側には断熱材が貼ってある




屋根サイズに合わせてカット 重ねて葺けるように一枚づつ細工をする




カラーはモスグリーンを選んだ いい色だ

グリーンゲイブルズ 赤毛のアンに来てほしい  
って切妻だけど 勾配は2分しかない(++)




葺き手 切り手 運び手(私)

あまりに暑いので テントをかけた・・・・屋根の上までは無理(^^;




強烈な日差しばかりでなく 時には雲もかかってまずまずの天気でした

高崎市街地では「高崎祭り」の最中
例年と違い 強烈な日差しや雨でなく 「山車」も「神輿」も最高だったでしょう

でも 屋根の上の作業 お疲れ様 ありがとう(^^)




棟の2列を残して 本日は終了

明日また残りの屋根葺きと役物を入れなきゃね


さて シャワー浴びてお祭り行こ!



  1. 2013/08/06(火) 20:35:05|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幸楽苑 群馬町店

福島県郡山には この「幸楽苑」の本社がある

福島 郡山に行くと お店も良く見る
群馬県内のお店と少しデザインが違う

「会津っぽ」の中華そば   本社は関東により近い「郡山」

原発事故で大きな痛みを受けている「福島県」
今年のNHK大河ドラマで脚光を浴び 幕末時の苦労が白日のもとに出てくる「会津」


「吉野家」や「すき家」と同様 そこで食事して ブログに挙げる?
との意見もあるが 「福島」「会津」に思い入れがある




中華そばが大好きだった、祭りや映画の帰りにくぐる朱いのれんに、胸が躍った。
ラヂオの流行歌、アルミのテーブル、スープとコショーの香り。
どんぶりから立ち上る湯気に、お父ちゃんが目を細める。
あんまり急ぐとやけどするよと姉ちゃんに笑われたっけ。
昭和二十九年、あの頃の中華そばは、家族のたまの御馳走だった。
バスが砂けむり上げる田舎町の食堂、裏で風呂を焚く薪の匂い、
そんなひなびた記憶をこの店の味は、思い出させる。
親父から受け継いだという、雪国会津の中華そば。
手間のかかる多加水粛清麺も、ガラスープに、鰹と煮干しのだしを合わせるやり方も、
創業の頃から変わってない。
会津っぽ気質の。真っ直ぐな味。
汗をかきかき夢中で食べた、想い出の中華そばだ。

店主敬白



親父であるが 昭和二十九年は ちょっと存在しない(^^;
ただ 中華そばや 食堂は プロレス 相撲の観覧場
御馳走ばであったのは私にとっても間違いない





榛名湖での花火を見て 「何か食べよう」としたが なかなか考えが浮かばない

自身の思い入れも含み 少量(お腹にも財布にも)の食事





ここ最近できた?

明るい 清潔っぽい





安いメニューで客を呼び 多種のメニューの中から 高額なメニューを選ばせよう
と思われるお店の戦略には乗らず

最も安いメニューを選ぶ

「極旨醤油ラーメン」




連れは「味噌ラーメン」




「ギョーザ」もね

「餃子」「ギョウザ」ではない




これ旨いよ

昭和の味がする




もう一つ「店主」の思いが


そっと丼を持つと、かじかんだ手が暖かくなる。
箸を割るのももどかしく、ふーふー言いながら麺をすする。
あーーーー旨い。
続けてスープをひとくち、ふたくち。
親父も妹も、みんな無口。
祭りの夜の贅沢。
それが中華そばだった。

雪深い会津に生まれた一軒の食堂、それが「こうらくえん」の原点。
豚と鶏、それに鰹と煮干し。
そしてたくさんの野菜。
配合に秘密があるというそのだしは、親父から息子に受け継がれた。
面は多加水熟成麺。手間はかかるが、親父がこだわり続けた食感と味だ。

「会津っぽ」と呼ばれる、頑固な気質が帰ってきた。
昭和二十九年創業の、あの味を復刻。
懐かしい思い出とともに、ぜひぜひ、ご賞味ください。

店主敬白





「会津」に思いをはせながら
我が身幼少のころに思いをはせながら 食事

御馳走さま 美味しかった


会津の歴史って つらい




今 「長州」が梅雨の最後の大雨で「激甚災害」認定された

日本人って頑張り屋さんです

地球上に生きる人間はみんな大変
地球から見れば 人類なんて「チリ」だもんね

つらかったことを他人のせいにして溜飲を下げるアホな民族にはなりたくない



  1. 2013/08/05(月) 21:12:31|
  2. ごはん(ラーメン)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

榛名湖お祭り 水上花火

8月2日 金曜日 毎年この8月の最初の金曜日

いまや高崎市の観光売り物のトップレベルにある榛名湖ではお祭りが開催される

平日なので なかなか 明るいうちのお祭りを見ることはできないが 夜の花火は何度となく観覧に来る(昼も数回みたことはある)

このところなかなか来ることが出来なかったので 今回は行くことにした





明るい時間の「灯篭流し」も見ものであるが

やはりこちらの地の利(水の利?)を生かした「水上花火」が見ものである




高速で走るモーターボートから花火を落とす 水上で半球型に破裂する

水面に映ったものを含め 球形になる




打ち上げ花火も同時に行う




今年は 冬のイルミネーションでも活躍の「レーザー光線」も多用




湖の真ん中での花火の音は 廻りを囲む外輪山でに反響して大きな音となる

これも この地の花火の特徴です




始めてきたのは30年以上も前
昨年十三回忌を行った義理の兄に招待してもらい 湖畔のお店の二階から見たこともあった

光と音(特に音)と食事に満足した記憶がある




ここ数年は見物客も減っている感じがする
車で来るのも渋滞が少ない

と言っても 商店街周辺は多くの人がおり
セゾンドハルナ側の林の中から湖畔にでて花火を見る

花火の規模も若干コンパクトになっている気がする
他に大きな花火を見慣れているせいだろうか


それにしても 昼間の暑さがうそのように寒い





こんな風には写せない(++)


翌日からは「高崎祭り」
初日の夜には巨大な花火大会がある

同一市内で連夜の花火はもったいないなと思いながらも
神事を含めたお祭りなので 設定日は この日なのであろう



  1. 2013/08/05(月) 20:59:21|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

倉庫建築 その7 建具が入った

ブログアップが遅れてる(++)

先週8月2日に建具が入った

と言っても 3か所だけ
出入り口と 窓2か所

物置だからね










少しずつ進んでる




なんだか いろいろと忙しい(^^;



  1. 2013/08/05(月) 20:45:33|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月の遊膳

三女の学校の試験が終わり 明日から夏休みとのこと
試験とレポート提出と このところ頑張っていた(普段はどうか知らないが・・・^^;)

8000字のレポートは大変そうでした
内容が面白そうなので 少しヨコヤリを入れたりと・・(^^)

で 近くの町中の 寿司屋・居酒屋が 「生ビール100円」って企画をやっていたので行ってみた
・・が さすがに満席 おそらく地元公務員さんの団体(と思います)が押すな押すなの大騒ぎ

ここはだめだ

で 高崎の街に行った




何軒か覗いてみると けっこう何処もいっぱいです

じゃあ あそこかなと 高崎駅東口の 「月の遊膳」に来てみた




こちらは 何度か来ている 駐車場もあり 周りの人通りも多くないので落ち着く

洋風の店のような入り口であるが 「創作和風」の店




ね 「Japanese Dining」って書いてあるでしょ




とりあえず(って言うな^^)ビール

上品にグラスです キリンです




「おとおし」 辛子みそ和え




とり皿

「月」っていえば「うさぎ」なんだろうね




「ずわいがにと半熟玉子のシーザーサラダ」

サラダが一番先に来ました

こうでなきゃね(^^)




サラダのとり皿 は桃の形
これいいよ かわいい




ここでようやく娘のドリンクが

未成年だから ノンアルコールだよね




「カマンベールフライ」

こちらのサラダは和風ドレッシング




「サーモンのカルパッチョ」

甘い(^^)  サーモンは甘いのね
マグロはトロにならないと甘くないので マグロのカルパッチョは却下された結果




「タコから揚げ」
タコは私の大好物
今回はトマトがない




ここでお酒にチェンジ
「大盃 本醸造」




娘が「ひざなんこつ」を注文

ひざ?




妻が「イカ一夜干し」を注文
イカは妻の大好物




「越乃寒梅」




ここにきて 最初に頼んでおいた「麦豚ロースの塩麹焼」がきた

なんだか脂ものばかりかなぁ




焼酎ロックで 「米焼酎 八海山」ってあるのね 知らなかった

美味いじゃん(^^)




「鮭茶漬け」っと




御馳走さま(^^)

そんなに沢山飲まなかった
ここリーズナブルです

ボックス席で 家族で来るにはもってこいです
この日は周りにうるさい団体もスモーカーもおらず好環境でした



  1. 2013/08/02(金) 23:35:41|
  2. ごはん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郡山土産 菓子

どこか行ったら なにか少しでも買ってこないとね

福島・郡山へ行く機会が増えている





市内を走ったり お店を覗くと この三種類の看板や商品を見かける

この地域の名物ですね




一番目につくのは 「かんのや」の「ゆべし」

今回は「塩ゆべし」




「ゆべし」って本来  他の物を言うことが多いらしいが

福島ではこれが「ゆべし」




創業嘉永五年「柏屋」「薄皮饅頭」




これは「薄皮“小”饅頭(こし)」

甘いものあまり大量に食べない
これ 一口サイズ いいね




そして「ままどおる」

「ひよこ」の ほそながいの って感じ 美味い(^^)

これも一番小さいパック


  1. 2013/08/01(木) 22:02:53|
  2. スゥイーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

cami221

Author:cami221
好きなこと(もの)勝手にアップします

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ごはん (196)
ごはん(お蕎麦) (24)
ごはん(ラーメン) (38)
スゥイーツ (9)
酒 (65)
音楽 (42)
花 (92)
AMERICA (23)
旅 (6)
おでかけ (159)
街歩き (43)
メロディ (6)
アート (21)
drink (4)
PTA (36)
建築 (15)
家 (0)
映画 (1)
スポーツ ニュース (4)
未分類 (54)

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。