bo-biroku

ついぞ 忘れてしまう昨日食べたごはんだったりして ( ;_;)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高崎 食の駅 サロンコンサート 第29弾 “Jammin'Zeb”の続報

“Jammin'Zeb”
ジャズ・コーラスをベースに あらゆるジャンルの楽曲を爽やかに歌いこなす
スーパー・ヴォーカル・グループ

自由な音楽性を 心に響くハーモニーで包み込み
音楽の好きな全ての世代に「癒し」と「元気」を与えてくれる



日本人リーダーの「コージロー」が 日系三世の「スティーブ」と会い
その後スティーブの後輩 メキシコハーフの「シモン」を誘い 最後にオーストラリアハーフの「レンセイ」が加入
若い4人のヴォーカルグループが誕生

平均身長180cm 全員日英の言葉に精通 全員が絶対音感を持っている と素晴らしい才能の融合

当然 スタイルも良く イケメンで オシャレな雰囲気を持っています

丁度 ウチの上の二人の娘と同世代

もちろんライブのクォリティの高さには感動です




そうなると女性ファンがほおっておきません

今回の高崎のステージも 地元の人のみならず(そっちの方が多いかな)首都圏各地から追っかけファンが来ていました

「韓流」とかいう どうでもいいものにハマっている世代とかぶるお姉さま方が半数
(まぁ 私の年代の中心に上下・・という感じでしょうか)
若い女性が半数
男子が3名でした(私を含めて・・・)

*それにしても 「韓流」少し下火っぽくなってきて良かったね(^^)


さて
もう曲のブレイクまでみんな知ってるのね(^^)
「レンセイ」君の日本語英語交じりのトークでも しっかり笑いとるし
少しノリのいい曲は ずっと手拍子してるし でもバラードになるとお行儀よく聞いています
ステージと客席が一体になっていました

ほとんどがなじみのある曲
彼ら独自のアレンジ
素晴らしいハーモニー
個人能力の高さとともに 合わせての練習も随分やっているんだろうなと思わせる

心地よい





「スティーブ」と「シモン」は低音から高音まで超高音域

ほとんどの曲は 低音部のパートをとっていると思われるシモンが ソロになるとかなり高域まで唄いあげる

「スティーブ」は歌の素晴らしさだけでなくスキャットやトロンボーンのアドリブを口で(^^)
しかも話は愉快なエンターティナー

「コージロー」はさすがリーダーの落ち着き 他のメンバーを立てたり 自らメインになったり
声質も女性ファンの心をわしづかみって感じ

「レンセイ」は写真で見るのと違い 実物は白人美形青年
英語の歌でリードをとることが多く リズミカルな曲では光り輝きます

4人の個性がみごとなハーモニーをつくる




数曲は涙でした 感動(^^)








ステージが終わると CD販売と サイン 握手 お話し とサービス満点
これだけの実力者 まだヒットチャートの上位に乗ることがない


近くにいた追っかけの女性に質問すると
「もっと売れてほしいような このくらいで自分の近くにいてほしいような・・・」と
「バラエティには絶対出てほしくないわ」とのことでした




そうだね
「会えるアイドル」的な存在が・・

ただ今流行りの「会えるアイドル」の質は?
ジャニーズ系の質は?

と考えると 売れているイコール質ではないし・・・

事務所や周りの人の力が主体性のないユーザーを動かしているね
力のある人中心の芸能界になってほしい

彼らの動き(活動)見てる(blogやfacebook)と 草の根が広がって地方からもブレイクしそう(^^)
頼むよ~



して
サイン 握手 写真撮影は ミーハーな連れが全員と撮影(^^)










あ~ 4人とも ネットやメディアの写真より 実物の方がずっとカッコいい














※“Jammin'Zeb”(ジャミン・ゼブ)は「楽しくセッションする(jamming)シマウマ(Zebra)」から作った造語です
シマウマには 『 「白人音楽」も「黒人音楽」も分け隔てなく歌いたいが 両方を混ぜてグレーにしてしまうのではなく
それぞれが持つ特徴や楽しさをはっきりと出しながら表現したい 』という思いを込めています
また ピアノの「白鍵」と「黒鍵」 「J」と「Z」に「JAZZ」のイメージがある
などなど 他にももっと隠れた理由がありそうです!?
(Jammin'Zeb web siteより)



スポンサーサイト
  1. 2013/06/01(土) 23:25:10|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラファエロ展 上野 国立西洋美術館 | ホーム | エゴ ハカランダ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cami221.blog.fc2.com/tb.php/451-8c824eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cami221

Author:cami221
好きなこと(もの)勝手にアップします

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ごはん (254)
ごはん(お蕎麦) (29)
ごはん(ラーメン) (42)
スゥイーツ (10)
酒 (99)
音楽 (46)
花 (108)
AMERICA (23)
旅 (24)
おでかけ (189)
街歩き (45)
メロディ (7)
アート (25)
drink (4)
PTA (37)
建築 (15)
家 (0)
映画 (2)
スポーツ ニュース (4)
未分類 (60)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。