bo-biroku

ついぞ 忘れてしまう昨日食べたごはんだったりして ( ;_;)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

藤岡歴史館 企画展“堀越二郎の軌跡”

藤岡歴史館(藤岡市埋蔵文化財収蔵庫)
企画展 “堀越二郎の軌跡”
7月13日(土)から9月8日(日)まで開催
入場無料

日本航空機技術を得海水準まで高めた 航空技術者 堀越二郎
初公開史料でその人物像が今、明らかになる
 



私は明治三十六年に群馬県藤岡市に生まれた。
この年は偶然ながら、アメリカでライト兄弟の飛行機がはじめて飛んだ年でもあった。
堀越二郎著「零戦 その誕生と栄光の記録」より




藤岡市白石
七興山や白石の古墳群がある地域 藤岡歴史館がある

群馬や埼玉北部は 東国文化が栄え 畿内若しくは九州の日本国と別の国があったんじゃあないかとの話もある 古墳文化の中心地

藤岡市も周辺整備を行い 少しお手伝いもさせてもらっていた

ここで 今話題の「ジブリ映画」にも関連する企画展が開催されている

数日前 友人のabaloneさんのfacebookを見て この企画展に気がついた




行く道に沢山の案内看板が出ている

おそらく 古墳などからの収蔵品だけでは集まらない種類と年齢の人達を集めるのであろう




企画展の案内ポスター




建物はメインの名前が「藤岡市埋蔵文化財収蔵庫」
平屋で平面的な殺風景な建物(に見える)
もっとも主が収蔵庫(倉庫)

家族連れの来客が多く
露店も並んでいる




歴史館  収蔵庫  どっちなんだぁ




展示会場内は「撮影禁止」  残念!

今まで何処にあったんだろうって思うほど貴重(と思える)な資料が沢山展示されている
それでも戦前の未公開資料(約1000点)の内の 約200点の展示で 堀越二郎の生きざまを探る


“堀越二郎”氏

カッコいいね(^^)

昔の写真 我が家にも親の親やその親 親戚の写真(複製)があるが なんだかカッコいい
きっと撮る枚数も今ほど多くないから いい写真しかないのでしょうけど
日本人もカッコいいよ




「チームワーク」
(艦上攻撃機木型前、広瀬、長谷川、堀越、曽根、宮原)
日本の独自性、日本の技術革新に挑戦、尽力した技術者の素顔

この人達 何歳なんだろうって思うけど
きっと若いんだと思う

いい時代だけじゃなかったんだろうけど 「ある部分羨ましいとも思える時代」です


ジブリの映画は
主人公名「堀越二郎」第二次大戦中の航空機設計者
それを生かし「堀辰雄」の私小説「風立ちぬ」を合わせて
航空機工場のせがれ「宮崎駿」の自伝(心の中の)とも言うべき作品とのこと


東大主席卒という才能を買われ 欧米に研修に行かせてもらっている
パンフレットや記録も展示されている

堀越二郎のの設計した零戦を初め 数種の戦闘機
古い飛行機 から最近の飛行機まで 沢山のモデルが展示されている

我が家のテレビの上にあるのは アメリカン航空のDC10
(長女が10数年前にサンノゼに向かった時に乗った機体のモデル)




「堀越二郎」名は太平洋戦争時 世界の名機として君臨した「零戦」の設計者として有名




堀越は群馬出身であるが 「三菱」に就職
群馬には その当時航空機製造会社として大企業の「中島航空機」もあったが「三菱」に請われて行った

「零戦」は三菱で設計したが 2/3は「中島」で製造した


設計図 面白いね
「着艦フック」もあって「艦上戦闘機」がよくわかる(^^)

私にとっても「零戦」は少年時代の憧れ
「零戦太郎」「零戦隼人」
辻なおき氏の不朽の名作

ソノシートもどこかにあるかなぁ




昭和の初め 飛行機の羽は 単葉機であっても みな胴体よりも上についていた

戦闘性能を高めるため 低翼に変えようと設計していた




堀越二郎 初期の設計作

「九試単座戦闘機」
ジブリのアニメのポスターにも描かれている

試作一号機 逆ガル型の主翼を持つ




堀越作の戦闘機

零戦も古くなり 
より高いスピードや上昇能力を備え 局地戦闘機として 空爆に来るB29を迎え撃つべく設計された「雷電」




そして 「烈風」

ただしどれも「零戦」を上回る安定性を持つことができなかった
時代においても 物資不足 熟練工 熟練搭乗員 がなく 戦局はもうどうにもならなくなってしまっている時期のこと

どれだけ優秀なプランナーがいても現物にはならない

「烈風改」の設計図の一部が堀越二郎の親戚の家の蔵から出てきたのは 2005年のこと
最近のジブリ映画の影響でこの春に発表された

図面はA1版 青焼です
青い紙面に白い線と文字

トレーシングペーパーに墨で書いた線や文字を感光紙に重ねて機械に入れると
光を通さない部分が白く残るって仕組み


数多い出品資料の中でも

「堀越二郎の部屋(仕事場)」は面白かった

「製図板」「T定規」「三角定規」はもちろん たくさんの「雲形定規」
そして 「タイガー計算機」おお!

「タイガー計算機」
大正12年から昭和45年まで製造・販売された 手廻計算機

使ったなぁ カシオfx8が出てとって代わられちゃったけど カリカリ チーン ってやったやった(^^)
欲しいなぁ

私も技術者だったことがあったんだって思い出しました(^^;

ジブリ映画前回の「コクリコ坂」では「ガリ版」があったな




ジブリの映画も観に行くしかないねぇ

っと言っても ジブリはいつも行ってるけど

今回「宮崎駿」の遺作って言われてる(ホントかぁ)
モノラルだったり擬音を人の声でやったりといろいろ考えてるという

「風立ちぬ」は堀辰雄文学 映画では「モモトモ」のイメージがあるけどね(^^;




生きねば。

航空機に美しさという理想を求め 戦争という苦悩の時代に翻弄された 堀越二郎

設計した航空機は 飛べる形では国内に残っていない

見ているまえで 自分の設計した愛すべき作品は 生きた人を乗せ 棺桶になってしまっていた

つらかったことでしょう

その後 国産旅客機 「YS-11」の製作にもかかわっている




隣には 七興山古墳があります

がんばれ群馬!


スポンサーサイト
  1. 2013/08/07(水) 22:09:35|
  2. アート
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<純米酒 あぶくま | ホーム | 倉庫建築 その9 屋根・軒裏・モルタル工事>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cami221.blog.fc2.com/tb.php/527-03fd96b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/08 08:51)

藤岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2013/08/08(木) 08:51:52 |
  2. ケノーベル エージェント

プロフィール

cami221

Author:cami221
好きなこと(もの)勝手にアップします

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ごはん (254)
ごはん(お蕎麦) (29)
ごはん(ラーメン) (42)
スゥイーツ (10)
酒 (99)
音楽 (46)
花 (108)
AMERICA (23)
旅 (24)
おでかけ (189)
街歩き (45)
メロディ (7)
アート (25)
drink (4)
PTA (37)
建築 (15)
家 (0)
映画 (2)
スポーツ ニュース (4)
未分類 (60)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。