bo-biroku

ついぞ 忘れてしまう昨日食べたごはんだったりして ( ;_;)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天敬愛人

“天敬愛人”

新島学園の校長室隣の会議室に掲げられている額

書かれたのは“徳冨蘇峰”




本物です

先日お伺いした際に写真撮ってきました



そう多くない苗字 「徳冨」さん

ご存知「徳冨蘆花」のお兄さん
「蘆花」は「不如帰」の代表作を持つ小説家
伊香保にも縁が深く 記念文学館がある

そのお兄さんである「蘇峰」(もともとはこちらが高名な方)
ジャーナリスト 歴史家 評論家 そして貴族院政治家である

丁度今 NHK大河ドラマ“八重の桜”で同志社設立の時期である
「熊本バンド」でアメリカ人宣教師から教育を受け キリスト教に傾倒し 
その後の日本を形作っていく若者が
熊本の学校を国権で閉鎖され 同志社で新島襄と出逢うシーンである

出来たばかりの新島襄主宰の同志社の学生との教育レベルの差(熊本が高い)を指摘し
勉強できる者が偉い 出来ない奴は追い出せなどの行動をしていたが

新島襄の人を作る教育 襄の大きな愛に包まれ変わっていく

今夜の大河放送では 同志社退学を願い出ている



襄のもとで人としての教育をうけた後 蘇峰は 新島襄の逝去の際の「葬儀委員長」を行っている





6年ほど前 学園で講演に「舞の海」を呼んだ時
この部屋でしばらく歓談した

「舞の海」素敵な人だ
さほど大きくない体で あの巨人が大勢いる角界で上位の番付を張っていた
お話も楽しい

当時の「市川校長」「湯浅理事長」と一緒の写真です






ついでに私たちも入れてもらて写真を取りました

湯川PTA会長は公人ということでモザイクなしでいいよね(^^;

モザイクは仲良しの富岡Pチーム
代表幹事の信州屋さんと私

太田(信州屋)さんは 他のテレビ番組で 舞の海氏が富岡に見えた時
夜の接待まで務めたお方(^^)

「あの美味しいしゅうまいの・・・」と意気投合

(上記2枚は6年前の写真)





次に 先日お伺いした時のお茶とお茶受け

近々 県私学見学会の見学校になっている 来ていただいた方々に出そうとマドレーヌ






しっかり刻印入り(^^)

シャーペンやボールペンだけよりいいでしょう






学園ゆかりの 「有田屋さん」の醤油マドレーヌ

オリジナルは「新島学園」の文字はないが お店に行けば買える
美味しいよ

有田屋さんは湯浅さん

新島学園創設者

先祖は 徳冨蘇峰・蘆花兄弟の姉との婚姻されている湯浅治郎氏


「同志社大学総長」「国際基督教大学(ICU)初代総長」だった湯浅八郎氏や

その他の兄弟 子孫も「学者」「芸術家」「政治家」を排出している


今の有田屋の御主人も若くイケメンの素敵なお方






それにしても 大切な額

なのにむき出し(++)


ものにこだわらない
新島学園らしい と言えばそれもそうかな(^^)



スポンサーサイト
  1. 2013/10/06(日) 22:08:17|
  2. PTA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<菊水の辛口 | ホーム | 昭和30年代 鉄道風景>>

コメント

おはようございます。

相変わらずとても楽しく拝見させていただいてます。

お嬢様が卒業されても、応援したくなる。そんな魅力が新島学園にはあるのですね。

cami221さんから見て、新島の男子生徒ってどんな感じのお子様が多いですか?
また、この辺(群馬県)では進む子は少ない中高一貫校の魅力って、どんなところにあると思われますか?

感じたことを教えていただけたら嬉しいです!
  1. 2013/10/07(月) 07:48:15 |
  2. URL |
  3. 繭 #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

こんばんは(^^)

ご無沙汰です。

勝手に学校の内部に踏み込んでいく(^^)私でも丁寧に扱ってくれる学校です。
・・といっても 普段 裏方で活動しながら応援活動してるからと思いますが・・

新島の生徒たち 男の子女の子問わず 基本的にいい子たちです。
というか そこに入ろうと思う子 入らせようとする親の 粒が揃っているからと思います。
社会生活してると 自分と考えの異なる人の方が多いじゃないですか。

田舎(なんだけど)新島学園は 県内屈指の公立高校に親子ともども無理して頑張らなくても
それなりに頑張れば ある程度の結果(大学進学の)が出せること。
今 大河でも表現されている“新島襄先生”の考え方を実践しているので、人間的にもいい方向が出せることなどがあります
もちろん全てではなく 中には違う方向になってしまう人もわずかには出ることもなくはないですがね。
100%完璧に素晴らしいは無理にしても 概ね大半はいい方向です。

ご質問の件 男の子はスポーツに秀でた子も多いし学業・生き方に優れた子もいます。
不良も絶対にいないとは限りませんが、「肩で風切っていたり」「他人を脅して金品を巻き上げるような子」は皆無でしょう。
入学前にイキガッテいたり、乱暴だった子も ここの学校生活の中で落ち着いていき学業成績も立派になった生徒もいます。

学校は 基本的に受験で国公立や難関私大も目指せば っという指導もしているようですが
そこそこやっていれば 五人に一人は同志社大学に行ける枠を持っていますし、かなり頑張らないと入れない大学の推薦枠もたくさん持っています。お得です。

今年の3月の卒業生の中には、東大合格Aクラスの生徒がいましたが、将来を考えると東大よりもこっちがいいと言って他の大学を選んだ話を聞きました。先生も無理強いして東大受験させなかった。
・・という学校です。

佐久にある中高一貫校(軽井沢在住の高中正義さんの娘さんがそちらを選んだ;;・・残念)のような一般的な私立学校とは違います。
  1. 2013/10/07(月) 23:42:34 |
  2. URL |
  3. cami221 #tCLNROog
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。

cami221様、お返事有り難うございます。

大都市の中高一貫もその多くが東大を始め、有名大学に何人入ったかをアピールしていますが(佐久の方もそうですよね)、新島学園は奇特ですね。

下校中の生徒さんを時々見かけますが、雰囲気の良い生徒さんばかりだなとは感じています。

偏差値の高い高校に、ものすごく頑張って入ったところで燃え尽きてしまっても困ります。そこから先が人生長いのだし本番なんですから・・
大学受験も同じことです。

最後は息子の意思ですが、新島に行きたい!と思ってくれるように、マメに文化祭やコンサートなど通いたいと思います。
これからもブログ、楽しみにしております。
  1. 2013/10/08(火) 07:49:22 |
  2. URL |
  3. 繭 #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

おはようございます

そう 人格教育が主体だけれど学業成績も悪くありません。
県内他の私立中学・高校と異なり 定員割れしていない学校の2校のうちのひとつ。(もうひとつは農二)
学業やスポーツの特進クラス(学費無料など)がないのにけっこうな成績をおさめてる。
野球などとんでもない宣伝費をかけていないこともいいところです。

それと我が家の娘たち 「使いべり」していません。

ってとこです(^^)
  1. 2013/10/10(木) 07:17:46 |
  2. URL |
  3. cami221 #tCLNROog
  4. [ 編集 ]

そうですね。

cami221様

お忙しいのに再度のコメントありがとうございます。

東大!有名私立大!運動部!って過剰にアピールする気がなさそうなところが、良いなと思ってました。
息子の気質を考えた時、目先の受験勉強に必死に勉強するよりも、もっと先を見て長いスパンで自分の人生を考えてほしいと思っています。

もちろん新島に合格するのにも勉強はしなくてはいけないのですが(汗)、14,15歳という多感な時期に受験勉強がメインになる每日というのは息子には合っていない気がして・・

群馬は男子は伝統のある公立高校、というような意識が結構強いですよね。
その点、他から来た私にはそういう意識がないのも、逆に良かったなと思います。

お嬢様が卒業されて、新島に関する記事はもうなくなるんだろうなと思っていたので、今回の記事はとっても嬉しかったです。
  1. 2013/10/10(木) 08:46:54 |
  2. URL |
  3. 繭 #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cami221.blog.fc2.com/tb.php/575-7c0f15ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

cami221

Author:cami221
好きなこと(もの)勝手にアップします

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

ごはん (254)
ごはん(お蕎麦) (29)
ごはん(ラーメン) (42)
スゥイーツ (10)
酒 (99)
音楽 (46)
花 (108)
AMERICA (23)
旅 (24)
おでかけ (189)
街歩き (45)
メロディ (7)
アート (25)
drink (4)
PTA (37)
建築 (15)
家 (0)
映画 (2)
スポーツ ニュース (4)
未分類 (60)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。